忍者ブログ
アムドラあかりの音ゲー(BEMANI系、DJMAXシリーズ)、スティールクロニクル、キッズアニメ・特撮関係、BMS及びPMS、執筆近況を語るブログ。現在は音ゲー、スティールクロニクル、BMS及びPMS、執筆がメインの方向になっている気配がします。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
※「マイク、音量大丈夫? チェック――この記事をチェックする時はガンダム00のネタバレ等に注意してくださいね」

サブタイはガンダム00。ツルネは一挙放送を見ましたが、感想なしに。

・ガンダム00
遂にアニューが登場です。スパロボだとある程度の救済イベントが用意されている一方で……。

一番の衝撃は、某レーザー砲でしょうか。数週間前にガンダムWで似たような光景を見ていただけに。

次回はダブルオー覚醒か? 既にダブルオーライザーの試験も行っていた一方で、ツインドライヴに関して……。

>更新履歴
・午前1時8分付
下書き更新
PR
※「マイク、音量大丈夫? チェック――この記事をチェックする時はバンドリのネタバレ等に注意してくださいね」

サブタイはバンドリ。24時間バンドリは少ししか視聴していませんが……。ツルネは一挙放送を見ましたが、感想なしに。

・バンドリ2期
今回は主要メンバー紹介位ですね。ガルパ未プレイユーザー向けな気配もします。第1期~繋がっていると見るべきかいわゆるガルパ次元のパラレルと見るべきか……。

ガルパに登場したメンバーがそれぞれ当番回を持つのか、それとも……?

・バンステ
バンドリのリアルライブ番組だった訳ですが、別の意味で1話ラストがメタ演出だった気がします。

どちらかと言うと、バンステが向こうに合わせたというべき演出かもしれません。

まさかの1時間編成は驚きを隠せませんでしたね。

>更新履歴
・1月4日午前0時40分付
バンステの視聴感想を追加。

※「マイク、音量大丈夫? チェック――この記事をチェックする時はP5Aのネタバレ等に注意してくださいね」

サブタイはペルソナ5。そして、あるとすればfate特番のみに。

・P5A
まず、あの最終話で明智が撃った主人公ですが、実はダミーである事が判明。その辺りのトリックは敢えて割愛しますが、ざっくりいうと「明智は気付かない間に、トリックの仕掛けた空間へ誘われていた」と言う感じでしょうか。

そして、メインはシドウのパレスに。別の意味でも分かりやすい悪党だった事も判明した一方、あの仮面とかがどう考えてもシャアを連想する。むしろ、フロンタル?

怪盗団復活の流れは、色々とハラハラしましたが……既にニュースも流れていた関係でも。

パレスでの明智戦は、ケルベロスにクーフーリンも使うとは……。更に言えば、ロキまで。

最終的に明智は退場ですが……別の意味でも悲劇のサブキャラと言うべきか。

シドウ戦は別の意味でも衝撃の連続で、ヨシツネは吹かざるを得ない。ペルソナ4ではバランスブレイカーとしても有名なので。それ以外にもアリス、ベルゼブブ(嬢ではない)も。

シドウは今回の告白後、あからさまに退場な気配もしますが……あの時の会社社長みたいに。

極めつけはイゴールでしょうか。まだ、全ての決着はついていないとでも?

・ヘブンズフィール
結局、競艇→オートレース→RIZIN→ボクシング→Fateと言うコンボに。

それを踏まえての視聴感想に。UBWとも違うルートの映画化なのですが、まさかのFAte/Zero要素が入ってくるとは。あのアサシンもZeroのアサシンの気配が……。

ある意味でもランサー対アサシンは見所だったというか、あのシーンが一番動いているような気配もしました。

セイバーに関しては別の意味でもルートが違うだけで、展開が……。最初に戦ったサーヴァントもバーサーカーになっていたり、何人かのメンバーで遭遇順序が異なっていたりも。

一番の驚きはキャスターと言うか、謎のマスターに。中の人はP5Aのイゴールだったりします。

そして、続きは第2章へ……。

・マンガでわかるFGO
まさかのアニメ化と言うか……よくアニメ化出来たな、と言う感想です。あの内容でそのまま放送される事も衝撃ですが。ガチャとかガチャとかガチャとか……。

リヨぐだ子は金朋と言う衝撃もありますが、それ以上に清姫が喋った事も地味に大きい。最後にはダブルマシュというサプライズまで。エンドカードは別の意味でも吹かざるを得ない人たちもいた訳ですが……。

・ロードエルメロイ
まさかのアニメ化です。今回は第0話と言う事で、序章と言う位置に。まさかのアニメ化にはビックリ立ったのですが、何とテレビアニメ化も決まった様子。放送は夏予定に。

もしかして、FGOアニメ版より先になるのか……まだ不明ですが。

>更新履歴
・午前1時20分付
下書き更新。

・午後11時42分付
ロードエルメロイもありますが、先にヘブンズフィールだけ感想を追加。

・2019年1月1日午前0時49分付
2作品の視聴感想を追加。
※「この記事を見る時は、ダブルデッカーのネタバレ等に気を付けたまえ」

再放送組、ベルゼブブ嬢は視聴感想なし。バディファイトはラウワン遠征の事情で視聴できないケースが多いので、視聴切りになりそうな気配もします。

ロト6及び7は未だ未チェック。玉砕オチっぽい気配もしますが。

サブタイはエグゼイド。

ここまで見事なテンプレ。

・ゴブリンスレイヤー
今回は11話と12話の一挙放送に。ゴールデンカムイ2期と同じ手法ですね。

そして、ゴブリンロード戦よりも一番の衝撃はゴブリンスレイヤーがカブトを外したシーンになると思います。滅多に外すようなシーンがない人物なだけに、ギルド内でも大騒ぎになってました。
(寝るとき等はさすがに外しているようですが……)

ただし、実際に口元から上は見切れていましたが……イケメンらしいとの事。覆面キャラで中の人が同じと言うとタイガーマスクWのタイガーザダークを連想する予感。

ゴブリンロードとの決着はしましたが、まだゴブリンが全滅したとは言い難く、彼の戦いはまだ続くのです。ゴブリンを駆逐し終える、その日まで。

・エグゼイド
ポッピーの説得回と言う展開に。その一方で、エムがパラドに……と言う展開には驚く。

正月特番も大きいのがなさそうなので、来週もあるかと思ったら……来週は休止の模様。

・ダブルデッカー
まさかの最終話サブタイからの伏線回収には驚きを感じた。あの唯一の退場者と思われた人物も実はコピーが大破し、オリジナルが健在だったと。しかも、その理由が「コーヒーこぼしたので」という理由は……。

そして、あの人物がアンセムでドーピングして強化形態になるあれが、どう考えても中の人的に幽遊白書に見えた罠。どういう事なの?

しかし、その彼もまさかの人物に消される事に。しかも、この人物はある意味でも想像以上なメタ発言をしたのも衝撃的過ぎた。

最終的にアンセムは消滅することなく、ダブルデッカーも健在のようで……。

しかし、エンディング後のあの発言には吹いた。正にメタ発言で始まり、メタ発言で終わったという展開です。

・ファイトリーグ
モンストアニメみたいに10分未満と言うショートアニメに。見た目は別の意味でも驚かされる展開でしたが……。実際はインターネット配信と言う事で、今回だけの特別枠と言う様子。

見た印象としてはデジャブを感じたというか……ある意味でもノリがホビアニなので、深夜枠には微妙に向かなさそうな気配もします。

テイストやノリは興味ある雰囲気だったので、何かの機会があればチェックしたい所。

>更新履歴
・午後11時58分付
3作品の視聴感想を追加。ユリシーズは感想なし。
※「この記事を見る時は、カードファイト!ヴァンガードのネタバレ等に気を付けたまえ」

禁署3期、再放送組は視聴感想なし。

ロト6はまだ未チェック。

サブタイはラディアンです。逆転裁判放送なし、ヴァンガードは特別編と言う事情もありますが。

・黄金の風
鍵を巡る攻防です。まさか、ジョルノがパープルヘイズのウイルスに意図的に感染し、敵にウイルスを感染させる展開には驚く。ある意味でもリスクがあるというのに。パープルヘイズのあのウイルスの破壊力的にも。

ジョルノは敵のスタンド能力も把握した上で、この手段に出た事も判明。フーゴもある意味で驚いていたようですが。

最終的には敵が鏡空間でジョルノを連れてきた段階でウイルスに感染、敵もウイルスだけを排除して脱出と言う手段に出ますが、その後はパープルヘイズのラッシュ攻撃で敗北。

ジョルノは、何とパープルヘイズのウイルスを蛇が作った血清(意訳)を打ち込んで、何とかウイルスを除去したようですが……。

・ゆるキャン△
maimaiにゆるキャンが収録された訳ですが、同じタイミングで収録された魔法少女俺と比べると違う個所が一つあります。それは、スタッフクレジットがある事です。

ゆるキャン△の場合は、単純にテロップではなくエフェクトと言うか演出扱いになっているので、あのままなのでしょう。

それにしても、超電磁砲がDDRと違って1枚絵オンリーとは……。

一番吹くのは、野良猫ハートです。てーきゅうと同じようにロング尺収録ですが、アニマルビデオ回を入れたり、どう考えてもポップンなアレをMVに入れたり……。

>更新履歴
・12月30日午前1時14分付
誤植修正:らディアン→ラディアン、ゆるキャン△小ネタを追加。ペルソナ5は総集編なので感想なし。
※「マイク、音量大丈夫? チェック―この記事をチェックする時は、ガンダム00のネタバレ等に注意してくださいね」

本日のサブタイはオリオンの刻印。再放送組、メルクストーリアは感想なし。しかし、前回及び前々回の事例があるのでどうなるかは……。

・ガルパピコ
まさか、青空ライブと言う展開になるとは。そして、オチが予想外とも言える温泉には予測不能だった。

・ガンダム00
マネキンとスメラギさんの関係が……と言う展開ですが、それ以上にサーシェスか。様々な因縁が展開される中、次の舞台は宇宙になる様子。

そして、遂にオーライザーも登場。ただし、本格登場は次回以降なので今の所は顔見せ程度ですが。

・オリオンの刻印
一星が一連のアレに関与している理由も判明した訳ですが、失敗続きな現状で跡がなくなった彼が本格的に行動起こします。

しかし、移動用バスに細工がされていた件は過去のシリーズでも前例があるようなネタですが、ボタンを密かにすり替えられて失敗。

試合中に主要選手が潰されたと思ったら、入れ替えた選手が実は本命だったという事で失敗。その入れ替えた選手に関しては、実はオールマイトだったのです(違)。これを示唆する様な伏線は既に冒頭で示されており、これに一星が気付いていれば今回の失敗は最低でも選手の部分だけは囮と気付いたはず。

全てはルルーシュのシナリオ通り(違)です。一星がギアスをかけられた訳では……。その一星が遂に追い詰められ、最後の決断をする訳です。

次回はサウジアラビア戦の続き。一星が次回でフェードアウトするのか、それとも……。

>更新履歴
・午後6時31分付
オリオンの刻印の視聴感想を追加。
※「セイ君、この記事を見る時はアイカツスターズ!のネタバレ等に注意するのだ」

パソコンは別の意味でもフラグすぎます。

ここまで一部テンプレに。再放送組は基本的に視聴感想なし。ソラとウミのアイダ、からくりサーカスは感想なし。

・イングレス
まさかの展開と言う最終回でした。ある意味でサラが取った行動とか、両陣営が協力して巨悪に立ち向かうとか……キッズ系のホビアニにありそうなフォーマットには驚く。

最後はサラは自らを犠牲にしての消滅と思ったら……あの展開は驚きを隠せない。

最終的には一連の騒動が完結し、主人公もサラ達を探す旅に出るという……。

別の意味でも放送時間帯が間違っていたような気配もする一方で、隠れた名作にでもなりそうな気配もするテイストだっただけに若干勿体ない感じでした。

次回シーズンのリヴィジョンズは、裏枠次第です。がーリー・エアフォースはテレ玉のガンダム002期と被る衝撃展開なので、別の再放送枠待ちでしょうか。
(ダブルオー2期は未視聴の為)

・アイカツフレンズ!
今回は紅白歌合戦というか……クラシカロイドのムジーク歌合戦のアイカツ版に。むしろ、ムジーク歌合戦もキョウだったので、アイカツフレンズ!→クラシカロイドな展開です。

まさかのマカロン温度再びには吹きましたが、それ以上にココが歌った事には別の衝撃も。CGなしと言う事はプリパラのファルルみたいに実装はされないという事を意味するのか、それとも……。

・クラシカロイド
本物のNHKホールを使用しての紅白歌合戦。まさか、アイカツフレンズ!と被る展開には吹きかけましたが。

>更新履歴
・午後7時26分付
2作品の視聴感想を追加。
※「マイク、音量大丈夫? チェック―この記事をチェックする時は、遊戯王VRAINSのネタバレ等に注意してくださいね」

スナックワールド再放送の後番組は視聴なし、再放送組(幼女戦記、モブサイコ100、ヴァンガード、プリキュア)は感想なし。火曜のブラッククローバーもなしの方向に。

ロト6は玉砕オチ。

・トネガワ
まさかの人間競馬です。どういう事なの?

しかし、「コンプライアンス」的な意味でカットオチだった。

・遊戯王VRAINS
総集編と見せかけて、まさかのリボルバー対ソウルバーナーの導入だったとは。

それよりもカメラマン2人組が健在だったのは……。また以前の様な動画オチと思っただけに。

・プリアラ
今回はある人物の示唆が入った事でしょうか。それよりも、ゆかり様親衛隊の存在が……。

>更新履歴
・12月27日午前1時15分付
さりげなく下書き非公開だったので、公開。
※「マイク、音量大丈夫? チェック――この記事をチェックする時は、転スラのネタバレ等に注意してくださいね」

注意文及びサブタイは転スラです。

再放送組、ティラミス2、キャプテン翼、エムマス、ブラッククローバー、東京グールは感想なし。

・ゴールデンカムイ
杉元、まさかの退場か……と言う様な衝撃展開もあったのですが、それ以上にのっぺらぼうが何者かに撃たれるとは。

しかし、杉元は伊達に「不死身の杉元」と名乗ってる訳ではないですね。まさかの復活を遂げるとは。何と言う回復力なのか。

最後には樺太へ杉元が向かう所で終わりましたが、おそらくは……。

・転スラ
ガビル、まさかの展開には驚く。あっさり退場とばかり……。その後、リムルの援軍がオーク達を撃破していき、遂には本陣以外が壊滅状態になっていました。これは明らかに向こうが油断したのが原因でしょう。

これには、今回のアレを仕掛けた人物も想定外と思った様子。ドライアドに気付かれた時には逃亡したのですが、その後も一連の様子は見ていたらしいです。

更には、ラスボスと思わしき人物も顔出ししました。果たして、彼の目的とは?

次回の放送は来年に。これで、アリシゼーション、火ノ丸相撲、禁署Ⅲ、ジョジョ5部は全て次回が来年持ち越しになりそうです。
(アリシゼーションは既に告知済、火ノ丸相撲は来週の放送が隣の吸血鬼さんリピートの為)
※「マイク、音量大丈夫? チェック――この記事をチェックする時は、パズドラのネタバレ等に注意してくださいね」

サブタイはパズドラ(テレビアニメ版)です。ベイブレードバースト超ゼツは視聴スルーではないと思いますが、微妙な状況に。

再放送組、アニマエール!は感想なし。パソコンをニューパソコンに……と言う気配もしますが、どうなる事か。

・バキ
死刑囚編が完結し、その後はオリジナル展開で終わりそうと思ったら……まさか過ぎる流れで終わったのには驚いた。これって明らかに2期というか次のエピソードもあるというフラグでしょうか。

・パズドラ
毒ドロップと思ったら、消したと同時にリアルのダメージとか……どういう事なの?

明石のバトルは、結局占い師の敗北でしたが……それが霞む位には、衝撃展開でした。

次回の放送は来年に。しかし、予告の内容を見ると今回のシリアスを引きずらないような内容なのも気になる所。

・サンダーボルトファンタジー
役人の末路は吹くしかない。ある意味で取引を持ちかけたら、別の理由で消されるとか。

そして、七殺戦は別の意味でも衝撃展開の連続です。封印が完了するまでが、こちらの予想を超える展開だったので。しかし、封印派失敗ではなく……封印されなくても自滅と言う末路か?

それとは別に、また魔剣目録に新しい魔剣が3本追加される事に。どういう事なの?

エンディング後、何と第1期で退場したと思われていたケイガイが再登場。そして、まさかとも言える第3期です。これはクリスマスプレゼントとしては凄過ぎでしょう。

>更新履歴
・午後11時12分付
2作品の視聴感想を追加。


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
アムドラあかり
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1978/04/26
職業:
リプルズではプラチナ到達
趣味:
音ゲー各種など
自己紹介:
音ゲーが趣味で、現在はBMSがメインの活動場になっている気配がする(元)プラチナユビーター。小説執筆やBMS記事作成等の積みフラグが増える一方だったりします。最近は執筆フラグが本格化している気配もある。

jubeat等にも参戦中。

追加したプロフィール画像はキャラクターなんとか機で作成した物です。
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
忍者ポイント
カウンター
最新コメント
[12/16 ゆの]
[01/01 Phleguratone]
[06/02 mira]
[08/16 かいりゅぅ]
[06/09 花月(かづき)]
リンク
フリーエリア
Foxkeh
最新トラックバック
ブログ内検索
応援バナーとか
バーコード
アクセス解析