忍者ブログ
アムドラあかりの音ゲー(BEMANI系、DJMAXシリーズ)、スティールクロニクル、キッズアニメ・特撮関係、BMS及びPMS、執筆近況を語るブログ。現在は音ゲー、スティールクロニクル、BMS及びPMS、執筆がメインの方向になっている気配がします。
[7426] [7425] [7424] [7423] [7422] [7421] [7420] [7419] [7418] [7417] [7416]
※「マイク、音量大丈夫? チェック―この記事をチェックする時は、アイドルタイムプリパラのネタバレ等に注意してくださいね」

ロト6の当選率を上げようとしていますが、失敗フラグが続きます。資金難を突破できるきっかけがあれば…。

恋と嘘は最初から視聴予定なし、おそ松さん、妖怪アパートは視聴感想なし扱い、レゴタイムはレゴフレンズの為に視聴感想なしの方向で。

そう言えば、ローソンの艦これキャンペーンが始まりますね。さて、どうするか…。

まさかの、ここまでほぼテンプレ。

・天使の3P!
別の意味でもスク水でチラシ配りには吹く。さすがに無理ですよね。それ以外でも体操着は……何だか別の店を連想します。

極めつけは、割烹着。まさかの裸エプロン的発想だったとは……何処から突っ込むべきなの?

そんな彼女達が教会を何とかしたいのは……そう言う事なのか、と。

・異世界食堂
今回はミートソースとチョコレートパフェに。

ミートソースの方では、食堂の売り上げが金貨や宝石など(いわゆる物々交換か?)と言う展開にも吹いたのですが、それらが食材の仕入れで差し引きゼロみたいな流れになっているとは。

そして、ミートソース大盛りにも驚くのですが……タバスコにパルメザンチーズも置いてあったのか……タバスコは、他の料理でも使いそうですが。

チョコレートパフェは、過去に異世界食堂に着ていたと思われる王様が……という回想にも衝撃を受けた。その時は、まだ先代の時であり……今の店主も若かった。その時に出したメニューが、くもと言う物だったのですが、それがチョコレートパフェだったのか。

エンディング後には、ミニエピローグと言うかその後が入って、すっかりミートソースの人は2代目を襲名しそうな気配に。チョコレートパフェの方は、種類が増えている事に……。

次回はオムライスと豆腐ステーキ。異世界に豆腐と言うのも驚きですが……。

・アイドルタイムプリパラ
途中視聴ですが、地獄耳の人が遂に……。まさか、過去にアイドルに憧れていた事があると言うのも衝撃的に。確かに、あの地獄耳だったり、絶対音感だったり……。

若干無理やりな気配でプリパラのライブを見た地獄耳でしたが、すぐに改心する訳でなく……しばらくは旅に出る様子。

おそらく、あの生徒会も今回の一件で色々と大変な事になりそうなので……今後次第か?

次回は、まさかの借り物競走です。

・アホガール
走るアホガールには吹くのですが……それ以上に手錠に関しては吹いた。どういう事なの?

鍵の場所もかなりの危ない場所でしたが、それを取ろうとした結果……。

・NEWGAME!!
今回はコンペと言う事でしたが、一部メンバーが参戦しないと言う事で何だか出来レースにも思えてくるような空気に。

最終的には、青葉が……と言う事になるようですが。

そして、エンディングテーマは別の意味で驚く。クマ的な意味で。

>更新履歴
・7月19日午前1時17分付
3作品の視聴感想を追加。本来は水曜のNEWGAME!!ですが、諸般の事情でこちらへ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
アムドラあかり
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/04/26
職業:
リプルズではプラチナ到達
趣味:
音ゲー各種など
自己紹介:
音ゲーが趣味で、現在はBMSがメインの活動場になっている気配がする(元)プラチナユビーター。小説執筆やBMS記事作成等の積みフラグが増える一方だったりします。最近は執筆フラグが本格化している気配もある。

jubeat等にも参戦中。

追加したプロフィール画像はキャラクターなんとか機で作成した物です。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
25 26 27 28 29
30 31
忍者ポイント
カウンター
最新コメント
[12/16 ゆの]
[01/01 Phleguratone]
[06/02 mira]
[08/16 かいりゅぅ]
[06/09 花月(かづき)]
リンク
フリーエリア
Foxkeh
最新トラックバック
ブログ内検索
教えて!アマゾン先生
応援バナーとか
バーコード
アクセス解析