忍者ブログ
アムドラあかりの音ゲー(BEMANI系、DJMAXシリーズ)、スティールクロニクル、キッズアニメ・特撮関係、BMS及びPMS、執筆近況を語るブログ。現在は音ゲー、スティールクロニクル、BMS及びPMS、執筆がメインの方向になっている気配がします。
[7041] [7040] [7039] [7038] [7037] [7036] [7035] [7034] [7033] [7032] [7031]
※「セイ君、この記事を見る時はアイカツスターズ!のネタバレ等に注意するのだ」

BTOOM!と政宗くん、昨日から始まったピアシェ、ワンルームは視聴感想なし、カオスチャイルドは視聴スルーに変更で。

・アキバズトリップ
別の意味でもミリタリーショップには吹かざるを得なかった。さばげぶっ!ですか?

そして、主人公に関しては吸血鬼化した一方で……秋葉原から出られなくなると言う。

次回は、何処かで聞き覚えのあるような……というゲストが登場か?

・小林さんちのメイドラゴン
本当に京アニなのか……と疑うレベルで驚かされました。オープニングのノリとか、本編とか…。

特に次回予告は1話のエンディングが特殊仕様と言う事もあってか、今回は「あるんだ」と言う印象でしたが……ユーフォだとエンディングが実装されていなかったので。

・このすば!2
いきなり、ドラクエの冒険の書と復活の呪文、スターウォーズ風にあらすじという超展開から始まる。どういう事なの!?

しかし、カズマの冒険はいきなり牢獄から始まった。ドラクエでも牢獄イベントがあったりしますが……まさかすぎた。

脱獄に関してはことごとく失敗、事情聴取も嘘発見器の影響で思うように進まない。そんな中での裁判となります。雰囲気としては逆転裁判の弁護士なしバージョン?

裁判に関しては、ある意味で罠にかかる所をダクネスに助けられて処分保留。そこで一安心出来ればよかったのですが、まさか借金を再び背負うとは。

果たして、冒険者カズマの明日はどっちだ!?

・アイカツスターズ
今回は学園の閉鎖危機と思ったら、さすがにラブライブ!とは違った模様。原因は学園長だったのか。リリィ登場時には「電気も?」と言う流れに。どういう事なの?

そこで、デザイナーオーディションへ参加し、何とかデザイナーとなってもらって予算を何とかしようと言う事に。そこで白羽の矢が立ったのがリリィでした。

予選の1回戦から、ボタンを付けると言う基礎的な問題……と思ったら、ボタンに穴がない。糸を通す穴がないボタンにどうやって……と思ったら、リリィの力技には吹いた。

その後は決勝までコマを進めたのですが、途中でダウン。このままでは……と言う中で、まさかのゆめたちが登場。リリィは手助け無用と言う事で挑んでいたようですが、この展開は別の意味でも驚きでした。

最終的にはリリィが優勝したのですが、プレミアムドレスは……という新たな目標には驚く。これは意表を突かれました。

次回はあこ回再び?

>更新履歴
・午前1時40分付
下書き更新。3作品の視聴感想を追加。

・午後7時16分付
上の時間を追加、アイカツスターズの視聴感想を追加。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
アムドラあかり
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/04/26
職業:
リプルズではプラチナ到達
趣味:
音ゲー各種など
自己紹介:
音ゲーが趣味で、現在はBMSがメインの活動場になっている気配がする(元)プラチナユビーター。小説執筆やBMS記事作成等の積みフラグが増える一方だったりします。最近は執筆フラグが本格化している気配もある。

jubeat等にも参戦中。

追加したプロフィール画像はキャラクターなんとか機で作成した物です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ポイント
カウンター
最新コメント
[12/16 ゆの]
[01/01 Phleguratone]
[06/02 mira]
[08/16 かいりゅぅ]
[06/09 花月(かづき)]
リンク
フリーエリア
Foxkeh
最新トラックバック
ブログ内検索
教えて!アマゾン先生
https://www.amazon.co.jp//ref=as_li_ss_tl?ref_=nav_signin&&linkCode=ll2&tag=akarinblog-22&linkId=74219b668de26716f87b94c62996eed5
応援バナーとか
バーコード
アクセス解析