忍者ブログ
アムドラあかりの音ゲー(BEMANI系、DJMAXシリーズ)、スティールクロニクル、キッズアニメ・特撮関係、BMS及びPMS、執筆近況を語るブログ。現在は音ゲー、スティールクロニクル、BMS及びPMS、執筆がメインの方向になっている気配がします。
[6078] [6077] [6076] [6075] [6074] [6073] [6072] [6071] [6070] [6069] [6068]
※「この記事を見る時は、遊戯王ARC-Vのネタバレ等に気を付けたまえ」

デュラララ、ワーキングは視聴感想なしで。両方とも最終回な訳ですが…。それに加えて、ガッチャマンクラウズの放送時間的な意味でドライブとプリキュアの視聴感想が…という状態になるかもしれないと告知しておきます。

・Charlotte(最終回)
別の意味でもなろう系を思わせたシャーロットも、遂に最終回と言う…。

まさか、能力者を探して世界中を旅するとは別の意味でも予想外だったというか…。

それに加えて、最後の最後で東京へ戻ってくるわけですが……賞金狙いのモブにボウガンで射抜かれると言う展開は驚いた。最終的には、予想外の救援も駆けつけます。

全てを終えた主人公、その反動は記憶を失うと言う物に。エピローグ的にはきれいにまとまっているようにも見えますが……。

・戦姫絶唱シンフォギアGX(最終回)
キャロルとの決戦は、別の意味でもアムドライバーを連想したというか…それ位の展開だったので。まさかのフルゼアムと言うか…。

最終的には、ノリとしてはワイルドアームズに近かった響のアームドギアが…。あの変形はある意味でも衝撃を受けました。そして、キャロルは助かったというか…。

バトルの方は前半で決着し、後半はエピローグに。エルフナインの状態が…と言う中、キャロルは記憶障害でほぼ全ての記憶を失いつつも、エルフナインの元に。それだけでも驚いたのですが、最後の最後で奇跡が…。あれだけ前半パートでも奇跡に関して言及してきただけに、この展開は驚きを隠せずにいました。

その後は、響の母がラストのラストで登場。父が和解しようと言う事でしたが、向こうは反応に困っている状況に。そこへ響が手をつないだというか…あのシーンは感動のワンシーンに。

他のメンバーのその後も言及され、エルフナインの方も何かの研究をしている様子。エンディング後のCMは別の意味でもメタ過ぎましたが。出てきたのが響の父親を含めた父親ズなだけに。

・ガッチャマンクラウズ インサイト(最終回)
前回のゲルサドラですが、予想通りというか偽装でした。しかも、カッツェの能力を使用しての。その際のカッツェは別の意味でも悪のうーさーに見えましたが。

その後、その真相を話した上で再度の投票を求めます。ゲルサドラを追いだすか、そのままにして定住させるか…。今回に関しては、投票期限が一カ月あると言う事で、真剣に考えて投票して欲しいとの事。実際の選挙も、これ位の長い考えでその場の空気に流されずに……と言うのがあればよいのですが。

しばらくしてお見舞いに……と言う流れもありましたが、それが本当に自分が決めた事なのかと言う事で、つばさが「もっと真剣に考えて」(意訳)と言うシーンも。ここでもツィッターの炎上ネタとか…通じる個所があったりも。

一カ月後、ゲルサドラは地球に残すという事で決定。投票結果も圧倒ではなくて互角と言うか…僅差で残すという事に。

はじめが目を覚ます気配を見せない中、エンディング後のエピローグではくうさまとクラウズが共存するという姿も。あの光景は別の意味でもシュールでしたが、共存共栄と言う意味では正解なのかもしれません。

総理の方は、出戻りと言われつつも…何とか上手く切り返した様子。あそこからトラブルが起こっても、せっかくの展開が…と言う事もあるかもしれませんでしたので。

そして、ラストのラストではじめが目を覚ますという…。しかも、マイペース過ぎて吹く。どういう事なの…と。

時期が時期だったので乱歩奇譚の某ルルーシュとアケチの対決、アクエリオンロゴスのリアル炎上ネタとか被る部分もあり、リアルタイムで色々と政治的な部分やツィッターを含めて大変な事になっている中、文字通りのリアルタイムな流れだったのは驚きを隠せませんでした。

それらを含め、狙っていた部分がなくても凄い事になっていた事には…と。世界線シリーズとも別の意味で被りそうな…と言う事で、こちらが変えている個所も実際にありますので。
(その最もの例はミュージックオブスパーダです)

最終評価委は、スルーしている回もあるので現状では保留しますが…色々と学ぶべきものは多かったと思っています。

スタッフ及びキャストの皆様、本当にお疲れさまでした。

・妖怪ウォッチ(小ネタ)
まさか…という気配ですが、何とセレクション放送が始まるようです。枠はプリパラの引っ越し前枠と言う事で、ジュエルペットの後に妖怪ウォッチが来る事に。

自分の場合はe-スポーツMAXが裏番組に来ているという事もあって、これは非常に大きいという気配がします。とりあえず、ピンポイントで視聴感想…という流れになるかも。

・Go! プリンセスプリキュア
はるかがコンテストに出ると言うか…その理由がカナタ王子の手掛かりでしたが、直前できららがゼツボーグと交戦した事でメイクが間に合わない、衣装もサイズが…と言う中でのコンテスト参戦に。

最終的には「笑顔です」(意訳)で乗り切ったようですが、プリキュアファンの場合は別の作品を連想しそうな…というゆいの持っていたカンペ。

・ヴァンガードG
イブキとの決着回ですが、数時間前のガッチャマンクラウズを踏まえると……かなり落ち着いて聞こえるのは気のせいでしょうか。

それよりも、ラストでの衝撃事実の方が。まさか、「実は生きていた」オチなのだろうか?

・バディファイト100
牙王、バディファイトを辞める…というか、そこから連想したのは「牙王、遊戯王次元へ」と言うネタに。実際、そう言う事はなかった訳ですが。中の人がARC-Vに出ると言うのはゼロではありませんので…期待して待ちましょう。

そして、タスクと純粋なバディファイトをする事に。今回はリアルのファイトとしてはなく、普通のカードゲームの方ですが。

その後、まさかのシャークさん襲来(違)でしたが…そこで、予想外とも言えるドラム覚醒。それに使えるカードの中には、まさかの(中の人に)遊戯王勢も混ざっている可能性が。

そのパワーは、ヤミゲドウを撤退させるほど…と言う訳ではなく、空間転移でテレポートした模様です。

一番の極めつけは、そのどさくさにアジトへ…。

来週からはリピート枠がなくなるので、K2期の視聴を切らないと視聴できない罠も…。HDDレコーダーがあれば保険も使えるのですが、それが出来ないのが非常に痛い所。

・アルスラーン戦記(最終回)
あの姫様が、アルスラーンに斬りかかってしまうのでは…という前回ラスト。一応、誤解は解けたような気配ですが。

今回は前回の戦いの事後処理がメインと言う事でしたが、ヒルメスはさりげなく無事が確認された様子。おそらく、あのテラ子安(違)と何かやりそうな予感もしますが。

その一方で、姫様は負傷兵の警護を名乗り出たのですが…色々と大変な様子。剣術しか出来ないという訳ではないのですが、包帯を巻こうとしても上手く出来なかったり(後にエラムが教えていたようですが)…と言う事も。

印象に残るシーンと言えば、その姫様が生まれた赤ん坊を抱き抱えるシーンでしょうか。そこでもツッコミ(抱きかかえ方がなっていない)が入っていましたが…。

そして、やはりというかアルスラーンは姫様に「王としての威厳が…」(意訳)と。ツンデレと言うべきなのかは不明ですが。

ラストは、途中で別任務を任命されたギーヴ登場。フェードアウトしたと思っただけに…そう言う任務を任されていたのか…と。

・七つの大罪(小ネタ)
アルスラーンの放送終了後、2期の発表がありました。公式サイトの方も更新が入っているようですが。

放送タイミングとしては鉄血のオルフェンズ→七つの大罪2期→鉄血のオルフェンズ2期という可能性もあると言うか、鉄血が2クールと言うのが半分確定したような物に。

放送時期等は後日発表なので、そちらを待ちましょう。

・遊戯王ARC-V
黒咲対デニスの決着回に。そして、回想シーンでは瑠璃の顔が遂に公開と言うか…エンディングではネタバレ防止と言う意味で柚子が(カードに)当てはまっていた訳ですが。

そして、デニスのモンスターに苦戦する一方の黒咲…と思ったら、まさかのエクシーズチェンジには驚きを隠せない。しかも、サテライトキャノンファルコンが別の意味でも衝撃的です。

過去にサテライトキャノン自体はカード化されているのですが、それの強化版と言うには…。向こうがガンダムXという例え方をすると、サテライトキャノンファルコンはダブルエックスという例えが正しいかは不明ですが。

そして、サテライトキャノンファルコンのモンスター効果×5でデニスを撃破。デニスの方もアクションカードを取りに行ったのですが、エンタメの神様にも見放されてアクションカードを取れずに終わりました。

その一方で、黒咲の怒り、長官のデニス確保という謎行動、さりげなく試合を観戦していた素良等もありつつ、色々と伏線を解消していったのは大きいか。一番の不明箇所だった瑠璃の部分がオープンになったのは大きいです。

次回は2回戦…と言う訳でもなく、スタジアム損傷が影響を及ぼして2回戦は場所の変更か延期でもあり得そうな予感。それに加えて、評議会が次元戦争を起こして欲しくないというのも気になります。

・ゴッドイーター
あえて最終回表記はしていませんが、一応最終回と言う事で。

ソーマ回と言う事で、エピソード回りはゲーム版と一部同じに。主人公の新型修復はバーストでも類似案件はありますが、アニメオリジナルな気配も。

今回はソーマが活躍する一方で、主人公が退場フラグ過ぎると言うか…。

そして、エピローグではリンドウ一次退場のきっかけになるアレが…。


>「これが更新履歴と言う物だ、セカイ君」
・午前1時34分付
シンフォギアGXの視聴感想を追加。ワーキングの方は新作予告があったようですが…ネタの予感もします。

・午前3時43分付
ガッチャマンクラウズの視聴感想を追加。

・午前9時30分付
プリキュア視聴感想、妖怪ウォッチ小ネタを追加。ドライブのエピローグは特に感想なしの方向でお願いします。

・午前10時58分付
ヴァンガードG、バディファイトの視聴感想を追加。

・午後6時27分付
アルスラーン、遊戯王の視聴感想、七つの大罪小ネタを追加。

・午後11時12分付
ゴッドイーターの視聴感想を追加。ギャングスタは月曜分に含めるかもしれません。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
アムドラあかり
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/04/26
職業:
リプルズではプラチナ到達
趣味:
音ゲー各種など
自己紹介:
音ゲーが趣味で、現在はBMSがメインの活動場になっている気配がする(元)プラチナユビーター。小説執筆やBMS記事作成等の積みフラグが増える一方だったりします。最近は執筆フラグが本格化している気配もある。

jubeat等にも参戦中。

追加したプロフィール画像はキャラクターなんとか機で作成した物です。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ポイント
カウンター
最新コメント
[12/16 ゆの]
[01/01 Phleguratone]
[06/02 mira]
[08/16 かいりゅぅ]
[06/09 花月(かづき)]
リンク
フリーエリア
Foxkeh
最新トラックバック
ブログ内検索
教えて!アマゾン先生
応援バナーとか
バーコード
アクセス解析